ノーベル賞を2度受賞したアメリカのライナス・ポーリング博士は1968年に科学誌サイエンスで、「体の中に自然に存在する物質(ビタミン、ミネラル、アミノ酸など)を分子レベルで最適な量を投与して病気の予防と治療をする」という意味のオーソモレキュラー療法を提唱しました。しかし、オーソモレキュラー療法は多くの専門家に認められた有用な治療法でありながら、メディアはその効果を正しく伝えず、時には否定的な報道をしています。オーソモレキュラー医学ニュース配信サービスは編集主幹に栄養療法で世界的に著名なアンドリュー・ソウル氏を迎え、オーソモレキュラー療法に関する正しい情報やオピニオンを世界に配信、その内容は栄養療法の専門家に高く評価されています。点滴療法研究会では2012年よりオーソモレキュラー医学ニュースを翻訳し、日本語版として専門家やメディアに向けて配信しています。

日本語版監修

総監修 : 柳澤 厚生
(点滴療法研究会・国際統合医療教育センター)

溝口 徹
(新宿溝口クリニック)
齋藤 糧三
(日本機能性医学研究所)
姫野 友美
(ひめのともみクリニック)
北原 健
(日本オーソモレキュラー医学会)

<翻訳協力>
西本貿易株式会社ナチュメディカ事業部

日本語版監修

Editor-in-Chief : Andrew W. Saul Ph.D.(USA)

  • Ian Brighthope, M.D. (Australia)
  • Steve Hickey, Ph.D. (United Kingdom) *
  • Ralph K. Campbell, M.D. (USA)
  • James A. Jackson, Ph.D. (USA) *
  • Carolyn Dean, M.D., N.D. (Canada)
  • Michael Janson, M.D. (USA) *
  • Damien Downing, M.D. (United Kingdom)
  • Robert E. Jenkins, D.C. (USA)
  • Michael Ellis, M.D. (Australia)
  • Bo H. Jonsson, M.D., Ph.D. (Sweden)
  • Martin P. Gallagher, M.D., D.C. (USA)
  • Erik Paterson, M.D. (Canada)
  • Thomas Levy, M.D. J.D. (USA) *
  • W. Todd Penberthy, Ph.D. (USA)
  • Jorge R. Miranda-Massari, Pharm.D. (Puerto Rico)
  • Gert E. Schuitemaker, Ph.D. (Netherlands)
  • Karin Munsterhjelm-Ahumada, M.D. (Finland)
  • Robert G. Smith, Ph.D. (USA)
  • Michael Gonzalez, D.Sc., Ph.D. (Puerto Rico)
  • Jagan Nathan Vamanan, M.D. (India)
  • William B. Grant, Ph.D. (USA)
*
Dr. Steve Hickey, Dr.James Jackson, Dr.Michael Janson, Dr.Thomas Levyの各氏は点滴療法研究会の国際ボードメンバーです。
**
オリジナルサイトはこちらです。英語版の定期購読はこちらからお申し込みください。
***
日本語版の最新ニュースは点滴療法研究会のメールマガジンの中でお知らせしています。お知らせを希望の方はこちらからお申し込みください。

ニュースリリース

一覧はこちら

「点滴療法」で治すことのできる病があります。私たちは、点滴療法研究会です。
日本オーソモレキュラー医学会
natumedica
ページTOP